上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は父の命日です。
早いですね、もう一年が経ちました。

もう一年。
まだ一年。
どっちも正解です。

日に日に弱ってきている、と言われ
最後に一目会いに行こう!と
空港でチェックインを待ってる間に
届いた『逝っちゃったよ』のメール。
間に合わなかった・・ごめんね。

声を失っていたので
筆談ができなくなってからは
独り言のような語りかけ。
入院が長かったので
家にいないことに違和感もなし。
病院通いがなくなっただけで
いつもと変わらない日常が過ぎていきました。

もちろん亡くなったことは悲しいんですが
そこまでの喪失感はありませんでした。
離れて暮らしてたから余計にそう感じたのかな。
でも毎日通っていた母も同じことを言ってたので
私たちが悲しまないよう最後まで気を使ってくれたのかな。


『お前たちが幸せならそれでいい』

父の口癖でした。
いつも自分より私たち家族のことだったなぁ。
そうだ、胸を張って『幸せだよ』て言えるようにがんばらないと。
それまで待っててね。

それにしても。
母のとこには一度だけ
私のとこには一度も来ないって
実は私たちのこと全然心配じゃないってこと?
やっぱり逃げたのか・・

スポンサーサイト

【2014/09/02 20:16】 | 日々の生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。