上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月からバタバタと忙しく

書きたい事はたくさんあるのに更新がなかなか進みませんが
気がつけばもう12月
話題が古くなる前にUpしなくては・・

ということで
先月のとある日曜日に
「Christmas Cake Decoration Workshop」
に参加してきました。

主催はQueensland Cake Decorating Assosiation Cairns Branch。
てっきり日本のケーキのような生クリームのデコレーションを想像していましたが
ここはオーストラリア、全然違った

使ったのはフルーツケーキ。
ドライフルーツをたっぷりのラム酒に漬け込んで作られてる
恐ろしくかなり日持ちのするケーキ。
17.11.11 063
左の白いのはIcing Paste。
この手のケーキのデコレーションは「まっすぐ」が基本だそうで
底面を上にしてデコボコを埋める事から始まります。
17.11.11 064
特に四角いケーキを使う場合は角が破れてしまうことがあるので
万が一穴が開いてもケーキが見えないように、必ず補強するように教わりました。
穴埋めが済んだら水平計でまっすぐか確かめて・・
ここまではデコレーションというよりは工作ですね

ここからようやくIcing Pasteを伸ばして
フルーツケーキをカバーします。
四角だから角にドレープが出来ちゃうのかと思ったら
手でやんわりと包み込めばけっこうピッタリ張り付き
ドレープもなく、キレイにカバーされました
17.11.11 066
トップにちょっとしたデコをして
キレイに始末しきれない下を
ロイヤルアイシングで隠して、と

今回は初心者ということで
用意されたシュガークラフトと
簡単な型抜きのデコレーションです。
17.11.11 068
出来上がりはこんな感じ
それとなーくステキに見えませんか(笑)

休憩の間も
講師の方も参加者も時間を惜しんで
カップケーキのデコレーションを教えてもらいました。
17.11.11 070
基本は大きなケーキと同じですが、側面を包まないので
Icing Pasteが落ちない方法とかアレンジの仕方とか
「へぇー」「ほぉー」の連続でした。

次回はこのIcing Pasteでの花の作り方をやる予定なので
また張り切って参加したいと思っています

残念ながらカップケーキバージョンは
最近の暑さに耐えられず溶けてしまいましたが
大きなケーキはなんとか持ちこたえていて
我が家の玄関に飾られています
スポンサーサイト

【2011/12/02 22:12】 | ケーキデコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。